憧れの中型バイク免許を取ろう!!


憧れの中型バイク免許を取ろう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街中でもツーリングでも楽しめる中型バイクは、まさに憧れですね。

中型バイクなら、小型バイクのように小回りも良く、大型バイクのように

高速で走ることができる楽しみも味わえます。

排気量250cc以下なら車検もなく、維持費も低く抑えられるという点も

人気の理由のひとつです。

今回は、その中型バイクを楽しむための運転するための免許取得について

ご紹介しましょう。

 

中型バイクに必要な免許と、取得する方法

 

中型バイク運転に必要な免許は、普通二輪免許(普通自動二輪車免許)です。

この免許があれば、排気量400cc未満のバイクを運転できます。

もちろん50cc未満の原動機付自動車(原付)も運転できます。

原付免許ではできない「二人乗り」ができますので、

バイクライフの楽しみも広がります。

自動車免許と同じように、マニュアル(MT)免許と、

ビッグスクーターを対象とするオートマ(AT)限定免許があります。

AT限定免許ではMT車は運転できません。

普通二輪免許は、

16歳以上から取得可能です。高校生でも取得でき、教習所によっては、

満16歳になる誕生日の約1週間前から入校可能なところもあります。

卒業検定時に16歳になっていれば問題ありません。

普通二輪免許を取得する方法は、大きく分けて2つあります。

1つは、教習所に通って取得すること。

2つ目は、教習所には通わず、直接、

運転免許試験場に出向いて学科試験や技能試験を受験する方法です。

「一発試験」(飛び入り)などと呼ばれています。

 

憧れの中 バイク!

免許取得費 用・日 数・ポ イントは?

 

「教習所に通わずに、一発で試験に受かるのかな?」と思うかもしれませ

んが、じつは、一発試験を受けるのは、なんらかの理由で免許が失効して

しまった人等がほとんど。つまり免許を再取得する人たちが多いのです。

かつて免許を取得したことがあり、技能も学科も自信があるので、一から

教習所で学ぶ必要がないから、一発試験に臨めるのですね。

初めて中型バイクに乗ろうと思うほとんどの普通の人は、教習所に通うと

思っていいでしょう。

 

教習にかかる費用・日数はどのくらい?

 

そんな普通二輪免許を取得するのに、どのくらいの費用と日数が

かかるのでしょうか。

六日町自動車学校に通う場合、学生以外の一般の方でしたら、

AT免許で165,000円程度、

MT免許で185,000円程度の費用がかかります。

学生の場合は

AT免許が145,000円程度。

MT免許が165,000円と安くなります。

免許取得までの日数はおおよそ8日~9日間程度です

(自分で予約するため、乗車状況により変化します。)

ただし、普通二輪免許の学科教習は、普通

自動車免許と重複しているため、普通自動車免許をお持ちの方は

その分が免除されて、

AT免許の場合は90,000円円程度、

MT免許の場合は110,000円程度と安く済みます。

取得までの期間も7日~9日間程度と短縮されます。

◎追加料金(税抜き)

・規定教習時限分、検定1回分は規定教習料金に含まれます。

技能料/1時限  4,600円

検定/1回 7,600円

ちなみに、一発試験では教習所に通いませんので、運転免許試験場で支払

う各種の手数料のみが費用になります。試験手数料・交付手数料・試験車

使用料・取得時講習受講料など22,300円程度の費用で

普通二輪免許が取得できることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

400ccまでの中型バイクは各メーカーも力を入れて

おり、多くの車種があるので選ぶ楽しみもあり、16歳以上であれば高校

生でも免許を取得できます。

また、普通自動車免許を持っている方は、学科教習が免除になるので、

技能教習だけ受講すればいいことになります。

ぜひ普通二輪免許を取得して、憧れのバイクに乗りましょう!!